不安の少ないインプラント 萩原歯科医院ブログはこちら
私の家族に受けさせたい本物の歯科治療を
入れ歯は噛めなければ意味がない
入れ歯とインプラントの併用治療
まだ間に合う歯周病治療とアフターケア
萩原歯科医院オフィシャルブログ
ご相談窓口

歯科医院の感染予防対策を考える

歯科医院は感染の危険がいっぱい

気になる感染予防

ほとんどの方が、きれいな歯科医院には、なんとなく安心感を抱くことと思います。しかし、一見きれいなだけでは感染予防対策が不十分なこともあります。もう一歩踏み込んで、歯科医院の感染予防対策を考えてみましょう。

感染の危険は内科医院よりずっと高い

歯科だからこそ、唾液や血液の滅菌は大切
歯科治療は、内科などに比べてみると、実は、厳格な感染予防や、しっかりした滅菌消毒が必要な科です。
内科では、医師やスタッフが、他の患者さんの唾液や血液に直接触れる機会は、あまり多くないと思います。聴診器に血液が付着することも、一般の内科診療ではあまり見かけません。
が、ここで、歯科治療の特殊性を考えてみましょう。 実は、歯科は、どちらかと言うと、内科より、外科に近いと言えるほど、唾液や血液に近い診療科です。必ず、お口の中で治療を行うことを考えると、耳鼻科や眼科よりも、外科的と言えるかもしれません。
歯の治療はお口の中のことであり、当然、唾液が存在します。しかも、歯肉に炎症がある場合などは、簡単に出血も起こります。
最近では、使い捨ての道具も増えてきて、歯科界全体の感染予防の意識は高くなりましたが、実際に削る機械や、器具のほとんどが、金属製の精密なもののため、使い捨てにするわけには行かず、滅菌消毒をして、繰り返して使うことになります。

最高レベルの衛生環境で

手術室なみの感染予防を施しています

滅菌されたタービン
高速で回転して歯を削るタービンやエンジンという器械類は、通常の歯科医院で使われるタイプのものでなく、上位機種である2気圧135℃の蒸気による高圧蒸気滅菌器に耐えうるものを揃えています。器具によって、対応可能なものは、高圧アルコール蒸気、2気圧135度でかなり厳密な滅菌を行います。
歯に触れるダイヤモンドバーなども唾液、血液、切削片の滅菌を同じシステムで行います。 高温滅菌ができない器具類は、外科用カテーテルなどと同じ薬液浸漬処理をします。
紫外線滅菌収納庫や超音波洗浄機ももちろん使用しております。
萩原歯科医院に通院されている患者さんは、滅菌の袋に一人分ずつパックされた基本的な器具のセットや、様々な器具類がパックから出される場面を、よく目にされていることと思います。

治療室内の手に触れるすべてのものに気を配っています。

感染予防のための保護シート
実は、感染予防対策で、最も重要な部分は、滅菌消毒の機械にかけることができないスイッチやボタン、レバー部分などです。当院では、それらを低粘着性の保護シートで覆い、患者さん毎に、すべて廃棄、交換していますし、誰か一人が汚い手で触ってしまうことで、台無しになってしまう部分なので、スタッフ間の連携を徹底させています。
物理的にいくら徹底しても、スタッフの連携とそのためのトレーニングは不可欠です。

電話や引出しの取っ手に気を配らずに感染予防は語れません

手を触れるすべてのものに気を配っています

私は、一度治療に入ると、電話に出ることを極力少なくしています。電話の受話器を触わる前後に、手洗いをする必要が生じるからです。

緊急の場合は、受付のスタッフに受話器を耳に当ててもらって電話に出ることもありますが、電話の受話器を触った手で患者さんのお口の中の治療をすることは決してありません。

治療中、引き出しの開け閉めも、自分の手で行うことはありません。 不用意に電話や引き出しの取っ手を触っていては、厳格な感染予防はできていないことと同じです。
また、多くの方が驚かれることですが、萩原歯科医院では、すべてのタオルも、除菌、洗濯後、さらに、「ケミクレーブ」で高圧アルコール蒸気滅菌をしています。

患者さんの周りを、徹底して清潔な環境に保ちます。

※滅菌=あらゆる細菌やウィルスを殺す